koolina’s blog

コオリナダンススタジオ オーナーの生活ブログ



スポンサードリンク


第14回 サラリーマンと主婦のお小遣いの稼ぎ方 上手く使おう!逆指値注文とは?


スポンサードリンク

こんにちは。PIYOです。

 

本日失敗した取引をしました。

 

今日まで持っていた『パス』が逆指値に引っかかり、売られてしまいました。

 

今回の失敗を活かし、注文の仕方をご説明したいと思います。

 

まず、私たちサラリーマンの弱点は、場中を確認することができません。

そこで持ち株を売る場合、大抵逆指値というのを設定しておきます。

 

簡単に言うと、100円の株が90円になったら、売ってください。という感じです。

 

それによって、大地震や要人の悪い発言などで起こる、突発的な急落に備える訳です。

 

そこまではいいのですが、ここからが反省です。

 

本日のパスの動きは、午前中爆発し250円まで高騰しましたが、その後一気に急落。

私が設定した『198円以下になったら売りなさい』という価格に見事に達し、売られてしまったのです。

f:id:koolina:20170712123546j:plain

 

この場合、どうすればよかったでしょうか?

 

はい、T指値(ツイン指値)という注文を使います。

 

T指値とは、上下での指値を設定できます。

 

つまり、現在値が200円で

250円まで上がったら売ってね。

でも、198円まで下がったら売ってね。

という2つの注文を同時にできるということです。

 

今回の例でいえば、私が売ってしまった198円が250円で売れていたとすれば

250円-198円の52円高で売れていた訳です。

 

つまり、52円×1,500株=78,000円の差が出るということですね。

78,000円儲けていたのに、ドブに捨てたようなもんです😭

 

今回の失敗を、皆さんの今後のトレードに役立てて頂きたいと思います。

ちなみにマネックス証券ではこのT指値ができますが、ほかの証券会社ではできないところもありますので、注意が必要です。

 

それではまた。