koolina’s blog

コオリナダンススタジオ オーナーの生活ブログ



スポンサードリンク


第28回 サラリーマンと主婦のお小遣いの稼ぎ方 ココだっ!木を見て・・・森を見る投資法


スポンサードリンク

 こんばんは。PIYOです。

 

今日は、木を見て森を見る練習をします。

・木は、個々の銘柄と、日足チャート

・森は、市場全体と、週足チャート

木で判断できない場合は、森をうまく使うという事を覚えておきましょう。

 

 

さて、まずは森である市場全体についてですが、マザーズ、ジャスダックが大幅に下落し

東証2部と1部が上昇する結果になりました。

 

更に今まで好調だった、中小型を中心に売りが発生したようです。

 

下はマザーズ全体を示す日足の指数になりますが、本日大幅下落(一番右の大陰線)しているのがお分かりになるかと思います。

金曜日にポジション整理して正解でしたね。

f:id:koolina:20170801172025j:plain

 

今後のマザーズ市場は、チャート的に一時的な上昇はあるものの、最終的には点線の部分まで下落する可能性があると見てますので、暫くマザーズでのエントリーは避けることとします。

 

また、本日の結果より、市場の流れが変わったと判断し、私も今までの投資スタイルを変えることにしました。

 

 

ではどこの市場がいいか?

 

それでは本日上昇した次なる森、東証2部を見てみることに。

ですが日足チャートでは、ダラダラと上昇しているだけで、トレンドラインも引けずに、先の判断ができませんでした。

 

そこで日足チャート(木)の代わりに、週足チャート(森)の出番となる訳ですね。

 

f:id:koolina:20170801172300j:plain

こちらは東証2部の週足チャートです。

 

このチャートで注意しなければならないのは、まずは売られ過ぎ・買われ過ぎの指数を示す『RSI』です。

 

赤矢印の部分がRSIを示すグラフになりますが、現在買われ過ぎのサインとなる70を越えており、非常に高いところに位置していることが分かります。

 

それともっと要注意なのが、黄色の矢印である、前週の出来高です。

 

高値圏で出来高が急上昇すると、そこを境に売りが発生する確率が非常に高いので要注意です。

 

さて、新興株がダメで東証2部もダメとなれば、残すは東証1部となりますが

こちらについても日足チャートで確認してみます。

f:id:koolina:20170801172613j:plain

最初のトレンドラインである青点線を下に抜け、新しい赤いトレンドラインを形成していることがお分かり頂けると思います。

 

本日のローソク足は、一番右の赤い陽線ですが、トレンドラインの反発点であったため、多少上昇したと考えられます。

 

しかしそのあとが問題ですね。

 

早ければ明日。遅くとも来週の頭には、赤のトレンドラインを下回る可能性があると思います。

 

そのラインを割ると、18,800円付近に『窓』と書かれた部分があると思います。

 

『窓』とは、簡単に言うと、ろうそく足同士の空間を意味しますが

チャートは、その『窓』を埋めにいく習性があります。

 

なので、75日線を下回った場合、その窓付近まで下落する可能性があるということですね。

 

以上を踏まえ、また週末に何か起こりそうな予感がするので、銘柄検索は引き続き行いつつ、休むも相場。ちょっと休憩に入ろうと思います。

 

空売りが得意な方は、良い投資タイミングになる気もしますが、このチャートですと私にはできませんね。

 

今のご時世、皆さんも慎重に投資をしましょう。

 

 

それでは今回も閲覧頂き、有難うございました。