koolina’s blog

コオリナダンススタジオ オーナーの生活ブログ



スポンサードリンク


第32回 サラリーマンと主婦のお小遣いの稼ぎ方 日経平均予想を先取り!ドル円チャート編1


スポンサードリンク

こんばんは。PIYOです。

 

今回は、FXの指標でもある『ドル・円チャート』についてご説明したいと思います。

 

 

でもその前に、まずは前場の日足マザーズチャートが反発できたかを確認しましょう。

午後の回復がカギと言いましたが、後場はどうだったでしょうか。

f:id:koolina:20170803171412j:plain

回復することなく、75日線を割って、陰線で引けております。

 

第30回でお伝えした、75日線の反発を見せかけた『ダマシ』とはこのことですね。

覚えておきましょう。

 

この後は、良くて横横か、軟調な展開になることが予想されます。

 

 

さて、新興株はこんな感じですが、日足の日経平均はどうでしょうか。

f:id:koolina:20170803171736j:plain

トレンドライン内で何とか頑張ってますね。

私にも、どちらに行くのかは予想できません。

なぜなら、多くの 上昇・下落サイン が、チャート内に混在しているからですね。

 

本日5日線を割らなかったことは評価できますが、25日線には抑えられてます。

 

うーん。難しい。

では他に確認できるサインはないのか?

 

ここで登場するのが『ドル・円チャート』になります。

 

これを読まれている皆さんは、もう勉強されていると思いますが、日経平均には影響を強く受ける指標がいくつかあります。

 

・Nダウ

・ドル/円

・原油相場

 

欧州・中国指標なども影響がありますが、よほどリスクが高いときでないと、普段はそこまで影響はしませんね。

 

そこで今回、ドル・円チャートを確認してみたいと思います。

 

下がそのチャートになりますが、もうお分かりですよね?

完全なボックス相場になっていることが分かると思います。

f:id:koolina:20170803172755j:plain

 

チャート内にも書いてある通り、青い抵抗ラインを切れば、加速して下落します。

赤の点線をたどり、赤い抵抗ラインを上抜けすれば、さらに上昇します。

 

現状はというと長い下髭を付けた陽線を境に、青い抵抗ライン上で反発し、5日線上に乗ったことがお分かり頂けるかと思います。

 

買いサインがいくつもあるので、上昇の確率が高いです。

 

ドル・円が上昇となれば、おそらく日経平均もつられて上昇しますので、今後の日経平均の予想とすれば、おそらく近日中に上のラインを抜けるのではないでしょうか?

f:id:koolina:20170803173948j:plain

 

ただ、何事にもダマシや想定外の出来事がありますので

投資判断は慎重に、自己判断で是非お願致します。

 

 

それでは最後に、特製シートを添付しまして、お別れしたいと思います。

本日の状況から皆さんは何を読み取るか、考えてみて下さい^^

f:id:koolina:20170803175556j:plain

 

 

 本日も最後まで閲覧頂き、有難う御座いました。