koolina’s blog

コオリナダンススタジオ オーナーの生活ブログ



スポンサードリンク


第36回 サラリーマンと主婦のお小遣いの稼ぎ方 今後の日本株の行方を予想!


スポンサードリンク

こんばんは。PIYOです。

 

本日は、お昼にお伝えしたように

豊和工業、石川製作所、アンジェスで利益を出せました。

 

特に豊和工業は、トレンドラインを使って855円の指値で売った後に

引けで買戻しを行い、順調な利益となっております。

 (ヒゲのてっぺんで利確売りをして、ヒゲの一番下で買戻しをしたという訳ですね)

f:id:koolina:20170809174212j:plain

 

石川製作所も同じ方法で一旦利益確定をし、その後引けで買戻しをしております。

 

上記のようにトレンドラインは、どこで売ればいいのかの目安にもなりますので、非使うことをオススメします。

 

 

さて、本題の日経平均の行方になります。

 

日中、ダイバージェンスは出たものの、戻りは限定的となっておりまして、75日線を下に突き抜けての引けとなりました。

 

下は私が重宝している松井証券の15分足チャートになりますが、私がデイトレーダーだったら、12:30に日経225の銘柄を買っていたことでしょう。

 

ですが私もサラリーマンですので、モニターを離れる状態では、恐ろしくて買えませんでした^^;

f:id:koolina:20170809175253j:plain

 

12:30頃に、しっかりとダイバージェンスを起こしてますよね^^?

底値の見分け方として、ダイバージェンスの信頼性がいかに高いかということがお分かり頂けたかと思います。

 

 

一方、日足チャートはというと、トレンドラインを大きく割っての下落です。

 

更に、75日線も突き抜けており、下髭も長くなく、出来高も芳しくありません。

 

f:id:koolina:20170809175513j:plain

となると、今後も下げの展開が予想されてきます。

 

ドル円チャートも一旦は上昇するかと見せかけ、仕掛け的な動きをしてから、さらに下落をしておりますので、3連休前の明日も恐らく下落するでしょう。

 

ただ日経平均チャートで一つだけ救いなのは、75日線が上向きだということです。

 

売りサインは買いサインと反比例した考えになりますが

75日線が真横か右肩上がりで、株価が下から上に突き抜けるのが、買いの条件ですが

売りはその逆です。

 

75日線が真横か右肩下がりで、株価が上から下に突き抜けなければ、完全な売りサインとはなりません。

ここは注意が必要ですね。

 

以上を踏まえて私の中期予想としては、19,500円付近まで下げた後に一旦反発して75日線に近づくも、その後は75日線が上値抵抗線となり反落し、下の窓を埋めにかかる。と予想します。

 

もちろん私は専門家でも何でもないので、参考程度にしておいて下さいね。笑

 

 

それでは最後に、本日の75日線を突き抜けた銘柄を添付しまして、お別れしたいと思います。

 

今日はひどいですよ?笑

絶好の空売り時かも?

 

f:id:koolina:20170809182459j:plain

 

では本日も最後まで閲覧頂き

有難うございました。