koolina’s blog

コオリナダンススタジオ オーナーの生活ブログ



スポンサードリンク


離岸流に流された場合の対処法!体験談 第1話


スポンサードリンク

おはようございます。

 

今日から夏休みを満喫しているPIYOです(´艸`*)

お仕事中の皆様すみません。。。

 

さて、本日は気になるニュースをお伝えします。

それはこちら。
f:id:koolina:20170812075121j:image

 

皆さん既にご存じかと思いますが、海水浴中の家族のお子さん2名とお父さん、助けに入った男性の、計4名が沖に流された事故ですね。

 

内2名の死亡が確認され、2名は未だに行方が分かってないそうです。

 

楽しいはずの海水浴が一転、大変お気の毒な事故となりました。

 

 

しかし毎年毎年水難事故多いですね💦

 

そこで、皆さんも実際に離岸流に流された経験は少ないと思いますので、私の体験談をお話したいと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

 

ちなみにサーファーの間では、離岸流などの強い流れのことを総称して『カレント』といいますので、以後カレントと言わせて頂きます。

 

離岸流は『岸から離れる流れ』と書きますが、命に係わる流れは、岸から離れる流れだけでないことも覚えておいて下さいね。

 

 

では本題ですが

私は不本意にカレントに流された経験が3回ほどあります。

(サーファーはカレントを利用して沖に出ることもあるので、不本意にと表現させて頂きます)

 

先ほど言った通り、一概にカレントといっても、沖に流されるだけではありません。

 

まずは代表的な、沖に流されるカレント

 

もうひとつは、横に流されるカレント

 

最後に、岸に流されるカレント

 

 

これで全てではありませんが、上記については3つとも体験してますので、順番に体験談を話します。

長くなるのでシリーズとして、数回に分けますね(笑)

 

 

まずはオーソドックスなこちら。

 

沖に流されるカレントの体験談です。

 

この時は大洗近郊のポイントですね。

私とやや初心者の方の二人でサーフィンに来てました。

 

その日の海は多少波が大きく、いつもより沖で波が割れてましたので、割れているポイントまで、パドリングで (手で漕いで) 向かいました。

 

いつもサーフィンをしているときは、建物や木、横のテトラポットなどを目安に、自分が流されてないかを常時確認しているんですね。

 

下手な手書きですみませんが、ピンクの矢印のように確認してます(笑)

f:id:koolina:20170812090501j:image

 

しかし、いつもより沖でサーフィンをしていると、目安とする物が遠くなり、その縦横の感覚がマヒしてくるんですよね。


f:id:koolina:20170812094341j:image

 

 そして気付いたときには

 

『あれっ?もしかして岸から遠ざかってる?』となる訳です。

 

つまり、気付いた時には既にカレントハマってるという事ですね。

 

周りには数名のサーファーがいましたが、見事全員一緒にハマってます(笑)

お互い同じ距離を保って流されてるから、皆ハマってることに気付きづらいんです。

 

そうしているうちにも、どんどん岸から遠ざかってるのが分かります。

 

友人はもう半べそパニックです。

『どーしよー!どーしよー!どーすればいい!?』

まぁ初心者なので仕方ないですが、パドリング力もありません。

 

ちなみに

無知+パドル力なし+パニック

これ、死ぬ方程式です(笑)

 

そのときの行動は、とにかく波が割れているところを目指して、横に漕ぐことですね。

 

初心者を私の前でパドリングさせ、横に漕ぎつつ岸の方へ、波の割れるポイントを目指します。

初心者を前にさせるのは、後ろからボードを手で押してサポートしてあげる為ですね。

 

こんな感じ?笑

f:id:koolina:20170812084222j:image

そして無事に波の割れるポイントまでたどりつきました。

(他の方も初心者ではなかったようで、皆無事でした)

 

岸に帰ってから

『何で流されてるのに笑ってんの!?余裕だから!?』と半ギレ状態で聞かれました。

 

ですが、私がパニクった顔をしていたら、友人はどうしたでしょうか?

 

子供が怪我をしたときや、仕事で問題が発生したときなども同じですが

何かあった時に、上の人がうろたえてたら、不安を煽るだけです。

 

ますますパニックになるか、士気が著しく低下します。

 

そりゃーそんな時は、もちろん自分も焦ってますよ。

正直ガクブルのときもあります。

どどどどーしよー(((;・∀・)))みたいな?笑

 

しかしそんなときこそ、笑顔で一言。

『大丈夫だよ😊』

声をかけてあげるように心掛けてます。

 

その一言が、皆の安心感に繋がり、パニック状態から冷静さを引き戻せるんです。

 

 

 

如何でしたでしょうか。

 

今回はサーフィン編の体験談でしたが、浮輪で流されたときなども同じですので、以下に気を付けて下さいね。

 

 

・ライフセイバーの人が居たら、自分で追いかけず、すぐにレスキューボードで助けに行ってもらいましょう。

 

自分で行くしかない場合は、絶対に浮輪などの浮力のあるものに捕まって助けにいきましょう。

 

・自力で泳いでカレントに向かうのは絶対ダメ!自殺行為です!まずは海上保安庁『118』へ電話!

 

 

 

それでは、第一話を完結します。

 

 

それと下の救命便利グッズ

 

最近アマゾンで見つけたのですが

1秒で膨らむリストバンドだそうです。

何度も使えてこの値段・・・

マジで買っておいた方がいいですよ(^^;)

内田家は、必ず買うと宣言します。

 

 

それでは最後まで閲覧頂きありがとうございました。