koolina’s blog

コオリナダンススタジオ オーナーの生活ブログ



スポンサードリンク


中国ガソリン車販売禁止検討!自動車部品メーカーの行方!


スポンサードリンク

 

 

 『まだ先でしょ?2040年くらいなら定年退職してるわ。良かったぁ。』

 

と思っているあなたは、要注意です。

 

 

 

 

おはようございます。PIYOです。

 

 

今日もモーニングコーヒーを飲みながらモーサテを見て1日が始まります。

 

 

すると…

『中国がガソリンやディーゼル車の販売禁止の検討』というニュースが流れました。

 

 
f:id:koolina:20170912100213j:image

 

 

インドは2030年を目標に廃止検討。

 

更に今年7月のニュースでは、欧州が2040年には全面廃止すると報道し

 

これまた大手市場である中国が、先進国の欧州に続いた対応をするということです。

 

つまり、ガソリン車やディーゼル車の需要が、市場からどんどんなくなっていく

 

ということですね。

 

 

 

『でもまだ先でしょ?2040年なら定年退職してるわ。良かったぁ』

 

と思っている方。要注意です。

 

 

 

何でもそうですが、ひとつの会社が新しい技術を出すと、競争が大変激化します。

 

 

スマホや自動運転車がそうです。

 

 

何でも最初に発売された物の品質は、全然完璧ではありません。

 

開発が十分ではない状態で、まずは市場に『出したもん勝ち』のような感じで売り出します。

 

 

初期のスマホでいえば、誤動作、電池が持たない、分厚く大きいくせに画面が小さい、メモリーが極端に少ない。そんな感じだったでしょうか。


f:id:koolina:20170912100436j:image

 

 

しかし、そんな品質でも

一社が新しい技術を出すと、競争率が一気に高まります。

 

他社が負けじと、その上を1歩行く技術で、応戦してきます。

 

そして、2040年とされていた目標が

一歩、また一歩と、どんどん縮まってくる訳です。

 

 

今がまだ、電気自動車が全く開発されてない時代ならまだしも、もう完全な電気自動車が堂々と公道を走ってます。

 

EVスタンドもちらほら見かけます。

 

 

はたして、2040年までもつのでしょうか?

 

 

 

それと、もうひとつ心配なこと。

 

それは需要の『低下』です。

 

2040年に『無くす』ということは

2040年に『低下させる』ということではありません。

 

  

『無くす』と『低下させる』は、全く違いますよね?

 

 

つまり、2040年の完全廃止に向けて

生産量がどんどん低下するという訳です。

 

 

そして、生産量が低下したら、何が起こるでしょうか?

 

 

この先は痛い話になりますが…

 

はい、『人が不要になります』

 

 

 

もう一度いいます。

 

2040年までは大丈夫と思っている方、要注意です。

 

 

特に…

排気部品や燃料タンクは、いづれ需要が無くなる『減る』と思います。

 

いや、もしかしたらステアリングやタイヤも無くなるかも知れませんよ?

 

 

 

しかし、排気燃料メーカーである私が

こんなブログを私が書いていいのか…

 

でももし私の上司に『こんなブログを書くな!社員が辞めるだろ!』などと言われたら、こうお尋ねしたいと思います。

 

『将来が見える経営ビジョンが明確になっていれば、社員は辞めようと思いませんよ?

 

それに今プロジェクトも立ち上げず、その計画すら説明できなければ、『2040年までには俺は居ないから、何も考えない。今の自分が良ければいいだけ』と言っているようなもんじゃないですか。』と。 

 

 

私にはまだ、会社の『業種そのもの』を変える力は到底ありません。

 

 

だから皆さん!

今の生活に満足せず、今のうちに、できることをやっておきましょう。

 

 

それでは今回も閲覧頂きありがとうございました。