koolina’s blog

コオリナダンススタジオ オーナーの生活ブログ



スポンサードリンク


防災グッズで簡単着火!【リストバンド型】動画有


スポンサードリンク



電磁パルス攻撃が迫っている日本!

 

いざというときの備えと対策は、必要です!

 

キャンプにも使えるファイヤースターターを購入し、無事商品が届きましたので、機能や着火までの手順をご紹介したいと思います!

 


f:id:koolina:20170915160111j:image

 

 

 

1・大きさ

 

普通のリストバンドと同様の大きさですね。

大きさをお伝えするために、画像を貼っておきます。

 

いつもビールと比べて申し訳ございません。笑

 
f:id:koolina:20170915154705j:image

 

 

手にはめるとこんな感じです。

 
f:id:koolina:20170915154710j:image

 

 

 

2・機能

 

1)ファイヤースターター

こちら、左先端の棒と、右先端の金属は、火を起こすためのマグネシウムと火打石ですね。


f:id:koolina:20170915154742j:image

 

2)笛

思い切り吹くと、結構大きな音で鳴ります。

品質は全然問題ありません。

キャンプ時の動物除けなどにもいいかも知れませんね。

 

上にちょっと飛び出た突起に口をつけて吹きます。
f:id:koolina:20170915154908j:image

 

 

3)紐

こちらはバラしてはいませんが、リストバンドを取ると、紐になるようです。

サイトの写真を貼っておきます。

 

f:id:koolina:20170915155346j:plain

 

 

3・用意するもの

 

1)ティッシュや枯れ葉などの、擦ったマグネシウムが溜まる可燃物

 

2)重り・・・石などで可燃物を風で飛ばないようにするためのもの

 

3)ファイヤースターター

 

以上です。

 
f:id:koolina:20170915155145j:image

 

 

4・火の付け方

 

1)ティッシュの四隅に石などの重りを置き、風で飛ばないように固定します。

このとき、マグネシウムを真ん中に集めるために、ティッシュの中央を凹ませておくといいでしょう。

 

 

2)マグネシウムを写真のように擦り、黒い粉を画像の量くらい出します。

 
f:id:koolina:20170915155223j:image

 

 

3)黒い粉となったマグネシウムに向けて、マッチの要領で火花を出し着火させます。

 
f:id:koolina:20170915155243j:image

 

新品の状態だと、少し火花をつけるのに苦労しますが

少し擦ると火花が出やすくなるようです。

 

 

5・着火までの所要時間

 

男性ですと、30秒以内で着火できます。

 

力のない女性でも、1分以内で十分着火できると思います。

 

因みにうちの嫁さんは、男性と変わらない30秒でした。笑

 

 

以上、画像でご説明しましたが、動画の方が分かり易いと思いますので、私が実際に火をつけた動画を貼っておきます。

 

 

是非ご覧下さい。


リストバンド型ファイヤースターターの使い方

 

 

こちらが実際に購入したものですね。

非常に安いので、災害時の備えとして1本持っていては如何でしょうか。


 

 

関連記事はこちら

こちらもサバイバルに必要なものの情報が満載です。

是非ご覧下さい。

www.koolina-blog.site

 

私はこちらも購入しております。

ファイヤースターター付きのナイフです。


 

 

上記関連記事はこちら

www.koolina-blog.site

 

 

 

 

 

それでは、今回も閲覧頂き有難うございました。