koolina’s blog

コオリナダンススタジオ オーナーの生活ブログ



スポンサードリンク


部下の成長の喜び 本日の嬉しい出来事


スポンサードリンク

 

 

今日は、仕事での部下の成長を大変嬉しく思ったので

書きたいと思います。

 

因みに私の会社の人には、ブログをやっていることは言ってませんので

殆どの人はこのブログの存在を知らないと思います^^;

 

 

今回は私自身がとても嬉しかったので、自己満足ですね。

 

 

もし興味のある方は、最後まで閲覧頂ければと思います。

 

 

 

さて、本題ですが

 

私の部署では、管理側の監督者クラスの部下に、独自で日報を書いてもらってます。

 

その日起きたこと、困っていることなどの、コミュニケーションのツールとして提出してもらってます。

 

そこでその部下は、こんなことを書いてくれました。

f:id:koolina:20170925124113j:plain

 

さて、これの何が素晴らしいか?ですが・・・

 

部下にもいろいろおりまして

・言われたことしかやらない人。

・言われたこともできない人。

・言われたこと以上に気づいて行動できる人。

 

さまざまです。

 

部下たちにも、色々仕事の範囲がありますので、全員が全員同じことはできないとは思いますが、そんな中でも大きく2パターンに分かれます。

 

『上司からいい点数をもらいたい人と、そんなのはいいから部下が困っていることをやるひと』ですね。

 

たとえば、作業者からの問題提起で

 

・扇風機が無くて暑い。

・電子レンジが足りなくて、冷たい飯を食っている。

・さっき通路の段差につまづいた。

・蛍光灯がなくて暗い。

 

確かにそんなことは、別にやらなくても生産はできます。

 

なので『ふーん。』という感じで、率先してやらない人もたくさんいることでしょう。

 

だってこんなことをやっても、作業者が満足するだけで

上司からいい点はもらえないのですから。

 

 

しかしやりがいって、そういうことでは生まれないんですね。

 

その作業者の笑顔を見たことによって、非常にやりがいが湧いてくるんです。

 

『有難うございます!有難うございます!』と言ってくれる、その偽りのない笑顔で。

 

先週の金曜日も、わざわざ私の席まで来て『有難う御座いました!』と言ってくれた作業者がいました。

 

恐らく自分より偉い人がかたまっている部屋など

入るのも勇気がいると思いますが、それでも帰りに一言いうだけのために来てくれたんですね。

 

そのときですよ。『ああ、よかったな』と。

 

 

総理が、国民のことを第一に思わずして、どうするのか。

 

それでは、北朝鮮の将軍様と、何ら変わりないですもんね。

 

 

いつまでも、そういう気持ちを忘れずに、偉くなってもらいたいもんです^^

 

 

今回は自己満足ですが、非常に嬉しく思った出来事でした。

 

今日日報を書いてくれた部下、ごめんね!

世界発信しちゃいました!笑

 

 

それでは今回も閲覧頂き有難うございました。