koolina’s blog

コオリナダンススタジオ オーナーの生活ブログ



スポンサードリンク


Jアラートで避難しない人の割合


スポンサードリンク

Jアラートは、果たして意味があるのか!?

 

『Jアラートが鳴ったが、避難しなかった』という人の割合が、4割を超えていた!というニュースを目にしました。


f:id:koolina:20171017191330j:image

 

 

皆さんはどう思われましたか?

 

 

私は4割が避難しなかったというより、避難した人が6割もいたことに驚きを感じました💦

 

 

この前のアラートが鳴ったとき、私は会社のプレハブにおり、皆に『避難するぞ』といって安全な工場内に避難させたのですが…

 

 

皆からはこの一言です。

 

 

『え!?本当に避難するんですか!?』と。

 

笑いながら言われた訳です。

 

 

いやいや、ここで避難しなかったら、なんのためのアラートなんだい?って感じでしたし、何より皆を守る責任がありますからね💦

 

 

これは何のためにあるの!?って感じです(-_-;)

f:id:koolina:20171017201508j:plain

 

 

こういったときに正しい避難をさせるのが、学校の先生であったり、私達の責任と思いますので、例えバカと言われようが避難させますとも(^^;)

  

 

 

それにしてもこのJアラート

 

本当に意味あるのでしょうか?

 

 

 

確かにシェルターでもあれば皆そこに避難をさせられると思いますが、工場中のシャッターを全部閉めてる間には着弾しちゃうし、シェルターや地下が無ければ、もう手の施しようがありませんよね(-_-;)

 

 

普通は『黙って仕事を続けるしかない』と思っちゃいますよ。

 

 

特に勤勉で有名な日本人は、そこでオドオドしてた方が、よっぽどおかしな人ですから…

 

 

そう考えると、Jアラートって殆ど意味ないんじゃないかな?と思ってしまいます。

 

 

因みに我が家の中では、Jアラートが鳴ったときのマニュアルがありますので、そのときだけは実施しましょうかね(笑)

 

 

あと、学校の先生や会社の管理者などは、何かあった場合に管理責任を問われますので、バカにしないで是非最善の行動をとって下さいね💦

 

 

地震や津波と一緒で、皆の命を預かってる訳ですから…

 

 

それでは今日も生きていられたことに感謝して

本日も閲覧頂きありがとうございました。

 

 

いざというときの車中泊は…

血管事故対策に医療用ストッキングがオススメです!


 

 

 

関連ブログはこちら!

www.koolina-blog.site