koolina’s blog

コオリナダンススタジオ オーナーの生活ブログ



スポンサードリンク


飲食店での喫煙緩和!?緩和を推進する自民党の思惑は?


スポンサードリンク

 

 

 

都内の9割の飲食店で喫煙が可能に!?

 

 

今回は

『飲食店での喫煙が緩和されるかも知れない』というニュースを見つけました。

 

 

f:id:koolina:20171117180149j:plain

 

 

 

一体なぜ時代の逆行をするようなことを?

 

 

と思い、ニュースを読んだところ

 

どういう訳か、自民党が厚生労働省に反発したらしいですね。

 

 

でも何で自民党が反発するの??

 

という訳で、自分なりに解釈してみました。。。

 

 

まず考えられることは

 

煙草の消費を上げて、税収を良くしたいというところでしょうか。

 

 

煙草はご飯を食べた後が一番旨い!

 

 

ということは私も知ってます(^^)

 

 

レストランで喫煙ができれば、煙草の消費本数が格段に上がることでしょう。

 

 

そうなれば煙草の税金が、国にガッポガッポ入ってくるということですね。

 

 

JTなど煙草メーカー各社も儲かるので、減速が懸念されていた煙草業界も安泰です。

 

 

そして消費本数が増えればそれに比例して

喫煙者の健康被害も確実に出てきます。

 

 

喫煙者が病気に掛かれば

 

がん保険等で生命保険会社は儲かるし

 

医者だって儲かります。

 

がん治療薬を作る製薬会社も儲かります。

 

 

レストランは客の回転率こそ落ちるかも知れませんが

 

煙草が吸えないからといって、敬遠していた方もいると思いますので

 

そういった人の客足が戻るかも知れませんね。

 

 

という訳で、国民のことを考えて、税金を潤おさなければというのは分かりますが

 

 

煙草が苦手な方も多数いるので、分煙だけはしっかり考えて欲しいですね。

 

 

でも最近流行の煙のでない煙草は凄い!

 

 

アイコス?でしたっけ?

 

 

あれなら隣りで吸われてても全然大丈夫です^^

 

 

是非そういった副流煙対策の開発も同時進行して頂けると助かります。

 

 

煙草、保険、バイオなどの関連株が熱くなってくるかも知れませんよ(^^)?

 

 

それでは本日も閲覧頂き、有り難うございました。

 

 

こんなハワイアンなケースなら私も欲しくなります♪