koolina’s blog

コオリナダンススタジオ オーナーの生活ブログ



スポンサードリンク


人生の成功者パート2!動画で世界へ羽ばたいた偉人!


スポンサードリンク

 

こんばんは。PIYOです。

 

今回は、前回ご紹介させて頂きました成功者『近藤麻理恵』さんに引き続き

情報社会を制した、ある一人の人物をご紹介したいと思います。

 

それは…

私が今一番会ってみたい有名人ヒカキンさんです。

 

Youtube知った時期は私と同じ

すなわち同じスタートラインに立ったていたはずの人間が、私と全く違う人生を歩んで成功している

本日は、そんなヒカキンさんと私の行動の違いについて書きたいと思います。

 

 

 

1・Youtubeを知ったときの、私とヒカキンさんの行動の違い

 

私がYoutubeの存在を知ったのは、確か28歳くらい?のときで、一応その辺の方よりは全然早く知った方だと思います。

 

恐らくヒカキンさんと時期的な大差はありません。

 

しかし、知ってからの行動の中身と速さが比べものにならないのです。

 

まず私が取った行動…それは『誰にも教えない』ということでした。

 

当時のYoutubeは、アニメやドラマ、最新の映画や音楽でさえも垂れ流し状態で、本当に神の様な動画サイトでしたので

それが広まってしまうと、サイト自体が閉鎖されてしまうと思ったからですね。

 

それはそれで、自分なりに先を考えた行動だと思ってたのですが、ここが『ヒカキン』さんの凄い所です。

 

なんと自分の得意ジャンルを活かした動画を世界に配信することで、収益に結び付けるといった行動に出た訳です。

 

今まではCMや新聞、チラシを使わなければ伝えられなかった情報が

インターネットを使えば、簡単に世界に拡散できる『情報社会』になったということに、気付いたということですね。

 

その後Youtubeは、瞬く間に世界に広がる有名動画サイトとなってしまいました。

 

それに比べ私の取った行動は、なんて小さな抵抗だったことでしょう。

 

今や有名になりすぎて、アニメやドラマは見れないし、私が内緒にしてたという当時の行動は完全な無意味になってしまいました。笑

 

Youtubeを知った時期は同じなのに

何も手に入れられなかった私と、億万長者ヒカキンさんとの違いは、歴然としてます。

 

 

 

ヒカキンさんを知ったきっかけと、その時の印象

 

私がヒカキンさんを知ったのは、当時幼稚園の年少だった長女がYoutubeの動画配信を良くみるようになってから始めて知りました。

 

『マインクラフト』というゲームに長女と妻がハマっておりまして、『ヒカクラ』というマインクラフト専門の動画配信を、ふたりがよく見ていたのを覚えています。

 

そのときの第一印象は、なんて変顔が面白い人なんだという印象でした。

 

でもやたらうるせーし、変顔が気持ち悪いし(失礼します)、コイツの何がいいんだ?売れる訳がねぇ。と。

 

私はヒカキンさんのことを知りませんでしたので、はっきり言って眼中ありませんでした。

 

その後暫くして、ヒカキンさんが『ビートボックス』をやっているということに気づきました。

 

その頃から、私のヒカキンさんへの見方は徐々に変わります。

 

このヒカキンさん、もの凄くビートボックスが上手く

まるで楽器か何かを手にもっているかの様に、口だけで演奏をしてしまうんですね。

 

その時は私は思いました。

『ああ、この人は培ったものがあるんだ。誰にも負けない1本の槍が』と。

 

その頃から、何をやってもカッコ良く見え始めてきましたね~。本当に。

 

この人に迷いはない。

目標に向かって、非常に堂々と

信念を貫いて稼いでいる!って感じで。

 

 

 

 

3・憧れのマザーズのを叩いたヒカキンさん

 

昨日の出来事です。

モーサテをみていると、UUUMが上場したとニュースが流れ、その時に行う『上場セレモニ―』のワンシーンが流れてました。

 

『上場セレモニー』とは、取引を開始する初日に、企業の繁栄を願って『鐘』を鳴らす式典なんですよね。

 

今までにも数々の偉人が『鐘』を鳴らしてきました。

 

決意に満ちた顔で、強く鳴らす人。

ちょっと照れながら、控え目に鳴らす人。

夢が叶った感じの笑顔で、気持ちよさそうに鳴らす人。

 

それぞれの挑戦者が、思いを込めて鳴らす、大変神聖な『鐘』だと思います。

 

起業家なら、あの鐘を鳴らしてみたい!と思う人も沢山いることでしょう。

(私も鳴らしたい!)

 

そして、UUUMさんの鐘を鳴らす瞬間がやってまいりました。

 

当然社長か誰かが鳴らすのかな?と思っていると

 

その社長のすぐ横に、あの『ヒカキン』さんがいます!

 

『マジか?ヒカキン一緒に式典出れていいなぁ』と思わず口に出してしまったそのとき

 

なんとヒカキンさんが

鐘を鳴らす撞木を持っているではありませんか!

 

え!?マジで!?マジで鳴らすの!?鳴らしちゃうの!?と私が独り言を言った瞬間

 

 

カーーーーーーーーーーンと。

 

それも飛びっきりで。笑!

 


f:id:koolina:20170831174737j:image

 

 

正直言って、全身鳥肌立ちましたね。

 

 

ついこの前まで眼中なかった人が

 

テレビの向こう側で

 

あの東証マザーズの鐘を鳴らしてやがる・・・と。

 

 

この前ブログで言った言葉を覚えてますか?

 

私を笑う人を、私は笑っているかも知れません。

でも、私が笑っている人も、私を笑っているかも知れません。

 

笑われていたのは、俺だ。

 

ついこの前まで同じスタートラインだった無名の方が

こうして世界に通じる場で活躍している。

 

 

負けてられません。本当に。

 

いつか超えてみせる。

 

そうなることが大切ではない。

そう思うことが、一番大切なんだ。

 

『私は皆さんに絶対に負けませんから

この前の研修会の先生も言っていた言葉です。

 

その信念を貫いて頑張っていこうと決心した一例でした。

 

 

それでは本日も閲覧頂き有り難うございました。

 

 

俺はまだまだ、強くなる!!!